2014年05月26日

障害板の色は緑と青で悩む

 
 
ルイ君の障害板がだいぶ傷んできたので

板だけ新しくする(^^)/


 



re_2014-04-10 14.08.09.jpg
おれのもこれでつくってくれ






障害の高さは、概ね体高の高さ、中型犬は40cm、


と規定で決まっている。



障害飛越(片道)
板張り障害の片道飛越させる。障害の高さは、小型犬は概ね体高の高さ、中型犬は40cm、大型犬は70cmとする。
指導手は、犬を飛越に必要な任意の助走距離をとった障害の前位置で脚側停座させる。指示により指導手は犬に飛越を命じる。犬が飛越したら、立止状態で待てを命じ、指示により常歩で犬の左側から後方を通り犬の元へ行き、、指示により脚側停座させて終わる。
競技会では総べての飛越作業において、やり直しは認められない。また、犬が飛越しない場合(失敗・拒否)は作業中止とする。(犬が飛越せず、体の一部が障害を越えた場合及び出発点に戻した場合を拒否とする。)








なので下段の一枚目は40cm(^^)/




練習用に10cmと15cmも塗り塗り。






re_2014-04-10 14.43.23.jpg
サークルって便利♪






本番では低くしてくれないで


高目なの飛ぶように言われる事あるよね・・・





そんな時は審査員さんに、



40cmにして下さい<(_ _)>オネガイ



って言えば低くしてくれるよ。





けど、



60cmでも飛ばせるよ、 あえてね(・へ・)







審査員さん怖いから言えない・・・(T_T)


 
 

【ドッグトレーニングの最新記事】
ニックネーム Tomoya at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ドッグトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3638689
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック